※教材改訂中

空港へ遊びに行こう!

最近は「空美ちゃん」や「空男くん」という言葉が示すように、空港へ飛行機を見に行く人や、自衛隊や在日米軍の航空祭に出かける人が増えています。
お目当ての機体を探しに行ったり、撮影したりするうちに、より正確な情報を得るために、無線機(ハンディレシーバー)を持つ人もいます。

でも、航空管制の用語は通常の英語とは異なり、使用する単語も文法も独特で、理解するには難解な専門書を読む必要がありました。

EFAでは「もっと手軽に、分かりやすく、航空管制を理解する方法はないか」と考え、『航空無線や各種チャートを理解し、空をより楽しめるようなeラーニング教材」を作成しました。

 


空を楽しもうコースの特徴

  1. 普段は聞き慣れない航空管制の交信内容を理解するために、分かりやすい用語を使って説明しています。
  2. 航空管制に関することだけでなく、管制を理解するための関連法規類も説明しています。
  3. これからハンディ無線機を購入する方のために、機種選択の参考事項を紹介しています。
  4. 地上でのATCクリアランス受領から、地上滑走、離陸、そして管制圏からの離脱までを、正しい用語と具体例を使用して、説明をしています。
  5. パイロットが実際に使用する、各種のチャート(飛行場チャートや出発、進入チャート、着陸用チャート)を提示し、それぞれの簡単な解釈と読み方を紹介しています。
  6. あまり解説されない、航空自衛隊の管制について解説しています。
  7. 空港ですぐに使える「航空管制用語ハンドブック」を提供しています。(PDFデータ形式)
  8. 会員だけのコミュニティサイトを設置し、会員相互だけでなく教育担当者との直接やりとりが可能です。
  9. eラーニングは、受講生の皆さんからのリクエストに応じて、必要の都度、教材を追加していきます。「常に変化し続ける教材」です。

※ 6項の航空自衛隊の管制については、「注意」、「秘」等に該当するものは記載しておりません。また、該当する質問についてはお答えできませんのでご了承ください。

 


教材の紹介

10「航空法をかんたんに読んでみよう」:ふと疑問に思うことをセレクトpp100

  • 航空法の目的
  • 航空機と飛行機
  • 航空業務
  • 空港と飛行場
  • 航空交通管制圏
  • VMCとIMC、VFRとIFR
  • 機長と機長の出発前の確認
  • 飛んではいけない場所
  • 飛行高度(巡航高度)
  • 手荷物検査
  • ルールを守って

 

20「管制区域はどうなっているの」:交信内容を理解するには、空の区分を理解しようpp101

  • 航空管制と日本の担当範囲
  • 航空管制の仕事
  • 空を分けてみる
  • 空の断面図と管制区、管制圏、特別管制区、洋上管制区
  • 出発時の管制の流れ
  • 到着時の管制の流れ
  • 各種の例外

 

30「管制通信を理解しよう」:まずは正しい用語の読み方からpp102

  • 欧文、数字、小数点、時刻
  • 高度、速度、マッハ数、距離
  • 滑走路、風向風速、高度計規正値、方位
  • 旋回角、航空路、ATCトランスポンダー
  • 送信要領の基本
  • 特異な言葉(用語)
  • 欧文の発音一覧表

 

40「飛行機を追いかけてみよう」:実際の交信はどのように行われているのかpp103

  • 滑走路の選定
  • ATIS情報の解読、ATISを聞いてみる
  • ATCクリアランスの解読、ATCクリアランスの聴取と許可の受領
  • 地上滑走を要求する
  • 地上滑走の要領と滑走路の横断
  • TOWER周波数への変更
  • いよいよ、Takeoff!!
  • 離陸後の通信移管
  • 交信内容を上手に理解するには

 

50「航空自衛隊の管制」:自衛隊機の管制方式/スクランブルとはpp104

  • 自衛隊機と民間機の管制
  • 周波数帯と管制用語
  • 要撃管制とは
  • 着陸方式の違い
  • 自衛隊機の計器進入
  • GCAとは
  • 管制の流れ
  • 回廊(Corridor)とは
  • 待ち構えるには

 

60「無線機を使いこなす」:これから無線機を購入しようと思っている方へpp105

  • 航空無線を聞くには
  • 法律的に問題はないの?
  • 無線機のタイプ
  • 説明書やカタログで使用される用語
  • どんな無線機が良いのか
  • 実際に航空無線を受信してみる
  • 空港で無線機を使用するときは
  • 聞こえないときは

 

70「チャートを読む」:パイロットが使うチャートの見方を解説pp106

  • SIDチャート(標準計器出発経路)
  • STARチャート(標準到着経路)
  • ILSチャート(ILSアプローチ)
  • ADチャート(飛行場)
  • Visual-Repチャート(目視位置通報点と管制圏)
  • LDGチャート(飛行場と周辺障害物)
  • 注意事項

 

80 空飛ぶたぬきとスカイプで雑談

空を楽しもうコース会員様限定のスカイプを活用したグループ雑談会です。

現在、仕様準備中ですが、毎週または日付を決めて、みなさんで色々な航空雑談をする企画

もちろん参加は自由ですし、ちょこっと聞くだけでも特別な情報が得られるかも知れません。

※ 本企画は現在仕様検討および実用試験中です。

90 予備

 

100 『航空管制用語ハンドブック』pp108

航空管制で使用する単語や文章をまとめたPDFファイルです。

管制業務運用要領で記載されている基本言語はもちろん、日常的に使用される無線用語も掲載しており、これ一冊で基本的な航空管制用語のほとんどを網羅できます。
A5版で制作していますので、A4用紙に2ページずつ印刷して半分に折ると、持ち運べるA5版ハンドブックになります。
もちろん、新しい用語や受講される方からの質問に応じて、継続的にバージョンアップを行っていきます。

収録語数362語(2016.4.14現在)

 


空を楽しもうコースのサンプル

作成中です。


入会金および受講料

改定予定です。

 


お申込みとお支払い

クレジットカート(PayPal)および銀行振込がご利用いただけます。

【クレジットカードによるお申し込みの方はこちら】 ※eラーニングサイトへ移動します。

【銀行振込でお申し込みの方は・・・】

お名前、ご住所、お電話番号、受講希望コース名を「info@e-flight.jp」までご連絡ください。

 


ご注意事項

  • eラーニングは、インターネットを利用したビデオ教材になりますが、教材閲覧に伴う通信料は受講者の負担となります。
  • 教材をダウンロードしたり、改変、配布、上映等を行うことはできません。
  • 各教材は、電子透かし、アクセス履歴を取得しており、規約に違反した場合、損害賠償の対象となります。
  • 発行するIDの有効期間は1年間となります。IDの有効期間延長は可能です。
  • eラーニング利用規約はこちらになります。