eラーニング/インターネット通信教育講座

空の仕事にはプロフェッショナルとしての深い知識が必要です。

航空関係大学や大学校、専門学校、航空留学、自衛隊や官公庁への就職など、いろんな針路があると思います。
そこで初めて、航空業界では「知識と資格と経験が全て」であることを思い知らされるかと思います。
若いみなさんに「経験」はないかもしれません。でも、「知識と資格」は若い方ほど習得のチャンスがあります。「知りたい!」「分かりたい!」と思ったときが最良の時です。

eラーニングは、インターネットを利用した通信教育講座です。インターネットができる環境があれば、どんな場所でも、自分のやりたいときにやりたいだけ学習することが出来ます。
もちろん、講師による一対一や同じように勉強している仲間と複数で講義を受けることも可能です。


コース一覧

航空・海上自衛隊のパイロットを目指す

航空業界に必要な無線従事者資格(無線免許)を取得したい

  • 航空特殊無線技士コース : 航空無線従事者の登竜門
  • 航空無線通信士コース : パイロット必須の無線資格

航空管制官など空港で働く人になりたい

  • 航空保安大学校受験対策コース(開講準備中です) : 航空保安要員に成るための唯一の大学校
  • 航空管制官採用試験対策コース(開講準備中です) : 航空管制官になるための唯一の試験

エアラインをはじめとする航空運送事業者のパイロットを目指す

  • 航空大学校受験対策コース(開講準備中です) : エアラインパイロットへの定番
  • 自家用操縦士コース : 趣味やレジャーで飛行機やヘリコプターを操縦する
  • 事業用操縦士コース : エアラインやドクターヘリ、官公庁のヘリパイをはじめとするプロフェッショナルライセンス
  • 計器飛行証明コース : エアライン必須の計器飛行資格
  • 操縦教育証明コース : 操縦教員として教育のプロを目指す

eラーニングの特徴

航空関係の参考書や本を購入したことがありますか?

ほとんどの場合、内容は難解で複雑、そして何よりも高価です。EFAのeラーニングに本は必要ありません。しっかりノートをとる。そのノートがみなさんの大切な教科書になります。

ライセンス取得をうたう学校や航空会社での学科教育の値段を知っていますか?

ほとんどの場合、1時間あたり3,000円から5,000円でしょう。自家用操縦士技能証明でも100時間以上の教育が必要です。より上級の資格ほど、必要な教育時間は加速的に増加します。

時間や場所を問いません

好きな時間に始めて、好きな時間で中断できます。もちろん、分からないところを繰り返し何度でも聞くことが出来ます。

教育計画は自分で選択

苦手なところや気になる課目だけをピンポイントで選択学習できます。

サポート体制

みなさんの「知りたい・分かりたい」を積極的にバックアップします。
口頭試問等の現地模擬実技試験やスカイプによる直前講習会

こんな使い方も

  • フライトシミュレーターをもっと上手になりたい。
  • 無線聞いてるけど、少し分からないところがあって。
  • 趣味で航空に関して勉強してみたい。気になることがあるけど、聞く人もいないし。
  • 海外ライセンスあるけど、日本で飛ぶには知識がたりないし。
  • 無線資格の無線工学だけ教えて欲しいな。航空管制の実戦だけしてみたい。
  • 技能証明の模擬口頭試問だけをしっかり鍛えて欲しい。

教材の仕様

動作確認

  • WindowsPC、Android Smart Phone、iPad、iPhone

動画

  • 幅:1024ピクセル×高さ:768ピクセル(HD)※機種依存
  • フレームレート:29.97fps
  • フィールドオーダー:プログレッシブ
  • 縦横比:正方形ピクセル(1.0)
  • テレビ方式:NTSC
  • ターゲットビットレート:1.50Mbps
  • ファイル形式:MP4

オーディオ

  • 形式:AAC
  • サンプルレート:48000Hz
  • チャンネル:ステレオ
  • ビットレート:160kbps

更新履歴

2018.01.01 : eラーニング専用ウェブサイトを移設しました。