パイロットの仕事

パイロット・・・一般には航空機を操縦する人を指しますが、その仕事の内容は様々です。

働く場所や組織、一般的な会社なのか公務員なのかによっても多く分かれており、それぞれが異なる資格を必要とするため、一般的な就職とは異なっています。

パイロットとして働くための組織は、次のようなものがあります。

  • エアライン(一般会社:定期または不定期航空運送事業)
  • 自衛隊(官公庁:特別職国家公務員)
  • 海上保安庁(官公庁:国家公務員)
  • 警察・消防・防災(官公庁:国家公務員または地方公務員)
  • ドクターヘリ(一般会社:航空運送事業)
  • 航空機使用事業(一般会社)

いずれも、航空機を操縦するパイロットとして勤務することができますが、必要とされる資格は異なります。

自分自身が、「何の仕事としてパイロットになるのか」を明確にすることが、将来の進路を決めるために重要な事になります。


パイロットに必要な資格

パイロットに必要な資格は、一般的には「ライセンス」と呼ばれていますが、日本の航空法に則った正式な名称は「技能証明」といいます。

実際に航空機に乗務して、航空機の運航に携わる場合は、さらに次の資格や証明が必要となります。

  • 技能証明
  • 航空身体検査証明
  • 無線従事者資格

技能証明と無線従事者資格は、いずれも国家資格ですので、国家試験を受験して合格しなければ取得することはできません。

航空身体検査証明は、技能証明を有していないと取得することはできません。

それぞれの資格及び証明は、所属する組織で取得するように教育が行われる場合や、他の組織で取得した物を活用する場合、さらには自分自身で取得することも可能です。