※ 2017年の本コースお申し込みは終了いたしました。

2017年4月1日だけの限定企画!!!!!!!!!!!

航空自衛隊の主力要撃戦闘機F-15Jイーグルの操縦体験コースを開講

F-15Jを操縦するこのチャンス

本コースの教育内容は、「1人で操縦できる」ことを主眼に構成されています。

コース終了後は、ご自身でF-15Jを購入し、自由に空の旅をお楽しみ下さい。

石油王さまや株式で財をなした方、莫大な相続を受けた皆様からのご応募をお待ち申し上げております。

 


操縦コース概要

  • コース名:F-15J機種転換操縦コース
  • 講習期間:2017年4月1日~同年9月30日
  • 総飛行時間:40時間(進度により増加の可能性があります。)
  • 飛行内容:離着陸空中操作8時間、基本航法4時間、基本戦闘機動14時間、応用戦闘機動14時間
  • 地上教育:航空機取扱法120時間、フライトシミュレーター60時間

 


コースの特徴

  • 民間では唯一のF-15Jが操縦できるコースです。
  • 教官は、元航空自衛隊F-15J操縦者がつきっきりで担当します。
  • 極めて厳しいコースですが、やりがいは十分にあると思われます。

 


受講者要件

  • 日本国籍を持つ健康な男女
  • 有効な第一種航空身体検査を保有していること
  • 日本JCABの自家用操縦士又は事業用操縦士、いずれの場合も陸上多発限定を所有すること
  • 低圧環境下において身体機能が正常であり、急減圧等において正常な判断操作が可能であること
  • 遠心式耐G訓練装置において、定常6.0Gを40秒間、定常9.0Gを20秒間耐えられること
  • 気合いと根性があること
  • 教官のつまらないダジャレにもつきあえる精神力をもつこと

 


販売価格

  • 地上学科教育
    • 単価:8,000円 120時間 合計960,000円
  • シミュレータ教育
    • 単価:15,000円 60時間 合計900,000円
  • 飛行教育
    • 単価:2,000,000円 40時間 合計80,000,000円
  • 低圧チャンバー訓練
    • 単価:150,000円 2時間 合計300,000円
  • 遠心式耐G訓練
    • 単価:280,000円 4時間 合計1,120,000円

合計:83,280,000円

※ 本日4月1日中にお申し込み頂きますと、フライトスーツとヘルメットをプレゼント!!!!

 


オプション

空対空射撃訓練

  • F-15J搭載の20mm機関砲の実射訓練です。
  • 単価:500円/発 一分間に6,000発の発射速度ですので、一秒だけでも100発です。
  • ご予算は多めをオススメいたします。

空対空射撃(ミサイル)訓練

  • レーダーミサイル:単価:60,000,000円~80,000,000円(ミサイルによって変わります。時価)
  • 赤外線ミサイル:単価:40,000,000円~70,000,000円(ミサイルによって変わります。時価)
  • 1発だけの発射でも、標的機が必要です。詳しくはお問い合わせ下さい。

ご注意事項

  • 実射訓練空域の空き状況により、ご希望に沿いかねる場合がございます。
  • 射撃実施に関する、NOTAM通知や関連各所への通知連絡についてはサービスとさせていただきます。
  • 上記価格は、当該外装設備利用料です。飛行に関する費用は含んでおりません。

 

 

 

2017年エイプリルフールネタです(・∀・)