趣味やレジャーとして、飛行機やヘリコプター(回転翼航空機)を操縦するためのライセンス取得プログラムです。

自家用操縦士は、米国で取得したプライベートライセンスからの書き換えが可能ですので、これにより実機を使用した実技試験は免除されます。
ただし、学科試験のうち航空法だけは免除されないため、学科試験を受験し合格する必要があります。
書き換えをしても、米国のライセンスは保持したままになります。


飛行機(陸上単発)コース

訓練概要

  • 総飛行時間:41時間(試験含む)
  • 搭乗機種:セスナ式C152(41時間)
  • 総学科教育時間:35時間
  • 飛行前後教育:30時間
  • 米国訓練校滞在日数:45日間

販売価格

1,745,419円(税込)

内訳(表記は全て税込)

  • 基本料金:300,516円(TSA申請、宿泊費、輸送費)
  • 訓練費用:1,421,394円(実機訓練費、学科教育費、保険、試験受験費)
  • 教材費用:23,508円(教材、教程、シラバス)

ヘリコプター(陸上単発レシプロ)コース

訓練概要

  • 総飛行時間:56時間(試験含む)
  • 搭乗機種:ロビンソン式R-22(56時間)
  • 総学科教育時間:35時間
  • 飛行前後教育:45時間
  • 米国訓練校滞在日数:60日間

販売価格

3,066,965円(税込)

内訳(表記は全て税込)

  • 基本料金:476,222円(TSA申請、宿泊費、輸送費)
  • 訓練費用:2,561,661円(実機訓練費、学科教育費、保険、試験受験費)
  • 教材費用:29,082円(教材、教程、シラバス)

ご注意事項

  • 表記価格は、為替レートや手数料の変動により予告なく変更される場合があります。
  • 基本料金の宿泊費は、宿泊施設(寮費)となり、食事等は含まれておりません。
  • 技量や知識の進歩状況によっては訓練時間が延長される場合があります。その場合は追加料金が発生いたします。

自家用操縦士の他、プロフェッショナルパイロットに必要な事業用操縦士資格や、飛行機(多発)、ヘリコプター(多発やタービン)も取得可能です。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。