米国連邦航空局FAA発行の操縦士ライセンス取得のためのコースです。

日本での「計器飛行証明(飛行機)」に該当します。

一般的な飛行の場合、航空機の「姿勢」、「高度」、「位置」、「進路」の測定は、コクピットから見る景色によって判定が可能(有視界飛行方式:VFRという。)ですが、雲中飛行であったり、計器飛行方式(IFRという。)と呼ばれる飛行方式を行う場合は計器飛行証明が必須となります。

通常、エアラインと呼ばれる定期便の運航は計器飛行方式で行われているため、エアラインへの就職を目指すには必須の資格となります。

この資格を取得してから、ステップアップするための基礎にしたり、米国でのエアライン就職を狙うことも可能です。

もちろん、FAA資格取得後に日本のライセンスへの書き換えも可能※です。

※ 書き換えには、学科試験の一部と実技試験を受験し、合格する必要があります。


訓練概要

取得資格:米国FAA IFR (Airplane)

滞在日数:60日間

飛行時間:41時間(セスナ式172型機:41時間)

訓練内容:地上学科教育:40時間、飛行前教育:40時間

試験内容:学科試験1回、実技試験:1回

注意事項:FAA IFRの資格は、FAA CommercialまたはPrivateの資格を保有していることが必要です。


販売価格

1,910,520円 ※本価格は単発機(Single-land)の場合になります。多発はお問い合わせください。


※ 現在、詳細を調整中です。お申し込みやお問い合わせはしばらくお待ちください。